読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなボードゲーム3選

ボードゲームが好きです。

きっかけは以前の勤務先にボードゲームフリークの方々がいたこと。

在職当時は昼休みや退社後に集まって遊んでいました。

 

まだまだボドゲビギナーではありますが、今までプレイした中でも好みの3つをご紹介。

ルール説明を省くので紹介記事としては不親切な内容ではありますが、興味を持っていただければ嬉しいです。

ボドゲフリークのみなさんのおすすめゲームも、ぜひ教えてください!

 

 

カタンの開拓者たち

 

 

プレイ人数…3~4人

ボドゲ界隈では言わずと知れた大ヒットゲーム。

1ゲームあたりにかかる時間は1~2時間ほどとわりと長め。

ですが、終わったころには「もう1回!」とかなりの高確率で連続プレイになるゲームです。

勝ち方はいろいろありますが、わたしはロンゲストロードを死守する派です。

むしろ、たとえ勝てなくてもロンゲストロードの称号がゲーム中1度でも手に入れば満足です。笑

 

 

ガイスター

 

 

プレイ人数2人

勝率はあまりよくないんですが、気に入っています。

適当に配置して適当に動かしてあっさり負けても、楽しい!

駒の姿かたちがかわいいんですよね。

「造形を楽しむ」というのもひとつの遊び方なんだなと気づいたゲームです。

 

 

理想の納豆

 

 

プレイ人数3~5人

世にも珍しい、納豆モチーフのゲーム。

「トッピングの追加」と「納豆のかきまぜ」を繰り返し、理想の納豆をつくります。

ほかのプレイヤーの狙っている納豆を探ったり、納豆のまぜすぎ・まぜなさすぎに気をつけなければならなかったりと、シンプルで奥が深いゲームです。

特に気に入っているのが、カードを最初に場に出す人を「最後に納豆を食べた日が一番最近の人」と決めるところ。

納豆パックを模した外箱もすてきです。

 

 

余談 

 

 

ボードゲームが題材の作品だそうです。

読んでみたい。

わが子をかわいく撮れない

f:id:f1251:20170419111318p:plain

 

もともと写真撮影が大好き。

娘が生まれてからは、もれなくわたしもわが子に毎日レンズを向ける親となっています。

ただそこでひとつ問題が。

わが子をかわいく撮れない…。

これは子育てあるあるなのでは?

 

 

なぜなのか?

 

理由を考えてみました。

1.撮影技術に乏しい

2.肉眼に親バカフィルターがかかっている

 

2つしか思い浮かびませんでしたが、どちらもあり得る…。

 

 

大事なのは「光」

 

親バカフィルターを取っ払うことは難しいので笑、目指すは撮影技術の向上。

写真撮影に大事な要素は多々ありますが、その中でも大きなウェイトを占めているのは「光」だと思います。

光を制する者は写真を制す、これが簡単なようで難しい。

できるだけ自然光のそばで撮影することを心がけていますが、それだけではなかなか思ったような出来にはならないのが現実。

 

 

写真に写った娘も十分かわいい…いやでももっとかわいく撮れるはずなんだ!と、今日も母ちゃんの奮闘は続きます。

牛乳嫌いを克服

f:id:f1251:20170418204140p:plain

 

妊娠後期、血液検査で貧血状態であることがわかりました。

食生活を変えねば!ということで、第一歩として牛乳を飲むことを日課にしました。

 

 

白米には合わないよね

 

学校給食で苦手意識がついてしまってからというもの、これまで進んで口にすることがなかった牛乳。 

ところが大人になった今、思いきって口にしてみると印象がガラッと変わりました。

きっと子どもの頃は給食の白米と合わせて飲んでいたから、おいしく感じていなかったんでしょうね。

 

 

甘いもの×牛乳=サイコー!

 

特に、こんなにチョコレートに合う飲みものがあるなんてと衝撃でした。

王道中の王道であるあんぱんと牛乳という組み合わせにもチャレンジしてみましたが、なるほど、これはみんな大好きだわ…という感じ。

 

 

こんな嬉しい誤算も

 

妊娠後期になってから便秘にも悩まされていましたが、牛乳を飲むことによって劇的に改善されました。

こうしてわたしは牛乳のとりこに。

 

 

幸いなことに、体質に合っていた牛乳。

4ヶ月間、毎朝飲み続けることができています。

娘も牛乳を好きになってくれたらいいな~。

新生児訪問を終えました

f:id:f1251:20170418174126p:plain

里帰り終了後、とにかく大人と話したくてしょうがなかったわたしの元に訪れた救世主・保健師さん。

 

新生児訪問ってどんな感じなんだろうとドキドキしていましたが、こんな内容でした。

 

・体重計測
・普段の様子についてのヒアリング
・予防接種の案内
・地域の子育て支援施設についての案内

 

たくさん質問もしてしまったのですが、全てにじっくり答えてくださり大満足の1時間半でした。

 

質問できてよかったな〜と思った理由のひとつに、知らず知らずのうちにちょっと神経質気味になっているのかもしれないと気づけたことがあります。

口に出すと客観視することができ、言い終わる前に「あれっ、気にしすぎじゃない?」と思うことが多々ありました。

保健師さんの回答も「寝てるんだったら大丈夫!」といった様子で、やはり少し気にしすぎてたな…と再認識。

 

学生の頃より、必要以上に張り切り「もうやだ…やめたい…」となることがたびたびありました。

パターンを繰り返していることに気づいてからは何事にも肩の力を抜くようにはしてきましたが、最近は疲れもあってかまたそちらへ寄っていたようです。

 

何事もほどほどに、いつも心に留めておきたいです。

出産&入院生活の振り返り

だいぶ記憶が薄れかけておりますが、出産&入院生活の振り返り。

 

深夜2時台に陣痛が5分間隔となり入院、翌日14時台に出産でした。36時間超。

立ち会いを希望していた夫はその間、自宅・会社・病院を何度も行き来してくれました。

目の下にクマを作りながら献身的にサポートしてくれた姿、今思い出してもじんわりきてしまいます。

 

途中陣痛が遠のいたり、促進剤を投与したりとわりと長いお産でしたが、無事に出産できたのはやはり娘がずっと元気でいてくれたからかと思います。

妊娠中も特にトラブルに遭うことはなかったため、なんだか丈夫な子に育ちそうな予感。

 

 

胎盤が大きかった!

 

平均の1.5倍以上あったそうで、お産に立ち会っていただいた助産師さんから「立派〜!」と言われて誇らしい気持ち。

わたし自身は小柄なため、体格にはよらないのだなと勉強になりました。

娘の出生時の体重は、わたしより500g以上重いです。

身長なんかすぐに追い越されそうで、それすらも今から待ち遠しいです。

 

 

人生初の入院

 

体力には乏しいですが、丈夫さが売り。

幸いにも今まで大きな病気やけがをすることがなかったため、今回が初めての入院でした。

入院前からなにより楽しみにしていたのは食事。

バテていた出産直後の食事を除くと、全て完食!

今でも、おいしかったメニューを思い出しては幸せな気持ちになっています。

 

f:id:f1251:20170417183659j:plain

鱈とコーンクリームがこんなに合うとは知りませんでした。

(背景は薬の山…子宮を収縮させる錠剤や、おすそ用の塗り薬など。

安産でも、こんなに処方されるんですね)

 

 

助産師さんってすごい!

 

入院中は助産師さんの知識量に驚かされっぱなしでした。

どんな些細なことでも必ず答えてくれて、弱ってるときは励ましてくれて。

お世話になったすべての助産師さんにお礼を言ってまわりたいくらい感謝しています。

 

妊娠中も同じ病院に通っていたのですが、外来にいるのはほとんどが看護師さん、病棟はほとんどが助産師さんでした。

何か理由があるんだろうな。気になる。

 

 

「生まれて初めて」

 

産後の経過も順調で、予定通りの日程で退院することができました。

病院の外へ出たとき、「娘はいま生まれて初めて、外の空気を吸ったんだ」と感慨深くなりました。

「生まれて初めて外の空気を吸う」なんて、なんだかすごい瞬間に立ち会ってしまったな、と。

そして、これからやってくるであろうたくさんの「生まれて初めての瞬間」を想像し、すごくすごくあたたかい気持ちになりました。

 

 

印象に残っていることをずらずらと羅列しただけとなりましたが、以上で出産&入院生活の振り返りを締めます。

まだ1ヶ月半ほどしか経ってないのに、なんだか遠い昔のことのようです。

話には聞いておりましたが、子どもが生まれてからの毎日ってほんとに密度が濃い!

悔いのないように、でも根を詰めすぎないように、これからも育児を楽しみたいです。

 

すくすく育て

f:id:f1251:20170416201133j:plain

今年は入院中にひなまつりを迎えました。

しそ風味のちらし寿司、おいしかった~。

天ぷらのラインナップに大葉があり、さらにテンション↑

 

生後1ヶ月半が経過しました。

生まれてすぐの写真を見返すと、まるで別人!

早く歩いたりしゃべったりするようにならないかな~と思ったり、今より小さいときなんてないのか~としみじみしてしまったり、心が毎日忙しいです。

 

保健師さんの新生児訪問も無事に終え、気になることもたくさん伺うことができました。

妊娠中と今回、まだ2回しかお会いしていないのですが、すごく話しやすいかたで助かっております。

 

ようやく春の足音が近づいてきた北の大地。

そろそろお散歩も始めたいな。

第一子が誕生しました

f:id:f1251:20170331222105p:plain

気づけば3か月以上、ほったらかしにしてしまいました。

一度更新をやめてしまうと、以前のリズムに戻すのがこんなに難しいとは!

ブログの更新をしないと、Twitterの更新やほかのかたのブログを訪問することもなんだか気が引けてしまって。

何を気にしているのか自分でもわかりませんが、なぜか負のスパイラルに陥ってました。

 

 

第一子が誕生しました

 

ブログから離れている間も順調に妊婦としての日々は流れ、2017年2月、無事に長女が誕生しました!

陣痛の間隔が5分間隔になってから入院したのですが、そこからなかなか進まず。

終盤は促進剤を投与しての経膣分娩でした。

 

入院から出産までは36時間におよぶ長丁場。

正直こんなに長引くとは思わず、24時間が経過したあたりから「もしかして一生終わらないんじゃないか」とおそろしくなり始めました。

ありえないことなのに、なぜかそのときはそう思ってしまったんです。

当然そんなこともなく、無事に出産を終えた今ではあの壮絶な痛みを忘れかけているほどです。

 

 

わが子がとんでもなくかわいい

 

噂には聞いておりましたが、やはり自分の子どもってかわいい!!

毎朝おはようのあいさつとともに、「今日もかわいいね~!」と口をついて出ます。

毎日かわいいどころか、かわいさの最高記録を日々更新中とは何事か。

お子さんをお持ちの方々の気持ちが、痛いほどよくわかる今日この頃です。

 

 

でも身体がつらい…

 

生後2~3週間目が疲労のピークでした。

里帰り出産で両親にかなりサポートしてもらってる身でこれなら、里帰りされない方々は…と想像しただけで震えます。

そして尊敬のまなざしで見つめざるを得ません。

自宅に帰ったら今以上に大変になると思うので、イメトレしています。

 

 

ブログも無理のない範囲でやっていきたい

 

記憶力に乏しい自分のための備忘録としても存在する、このブログ。

もともと日記を書くことも好き。

無理のない範囲で続けていきたいです。