わが子をかわいく撮れない

f:id:f1251:20170419111318p:plain

 

もともと写真撮影が大好き。

娘が生まれてからは、もれなくわたしもわが子に毎日レンズを向ける親となっています。

ただそこでひとつ問題が。

わが子をかわいく撮れない…。

これは子育てあるあるなのでは?

 

 

なぜなのか?

 

理由を考えてみました。

1.撮影技術に乏しい

2.肉眼に親バカフィルターがかかっている

 

2つしか思い浮かびませんでしたが、どちらもあり得る…。

 

 

大事なのは「光」

 

親バカフィルターを取っ払うことは難しいので笑、目指すは撮影技術の向上。

写真撮影に大事な要素は多々ありますが、その中でも大きなウェイトを占めているのは「光」だと思います。

光を制する者は写真を制す、これが簡単なようで難しい。

できるだけ自然光のそばで撮影することを心がけていますが、それだけではなかなか思ったような出来にはならないのが現実。

 

 

写真に写った娘も十分かわいい…いやでももっとかわいく撮れるはずなんだ!と、今日も母ちゃんの奮闘は続きます。