発酵バターとはなんぞや

ここ数年で発酵バター使用のお菓子がよく見られるようになりましたね。

発酵バターとは何なのかと改めて調べてみると、こんな回答に辿り着きました。

バターはクリームをかき混ぜて作ります。「発酵バター」はその原料となるクリームを乳酸菌によって半日以上発酵させてつくられます。この発酵という一手間を加える事によって、コクが深まり、特有の風味が増すのが特徴。

もともとは技術不足から発酵バターが生まれ、技術の進歩とともに非発酵バターが誕生。

引用元:「発酵バター」って、普通のバターとどう違う? | 【公式】グリコ

 

発酵バターのほうが先に誕生していたのですね。

これには驚きました。

 

初めて発酵バターの文字を見かけたのはビスコでした。

 

 

食べごたえのある風味に、一気に発酵バターのとりこに。

 

最近になって見つけたのはこちらの2品。

 

 

 

どちらもガツンと感がたまりませんでした。

1品で満足感を得たいおやつタイムにおすすめです。

といってもおいしくて結局いつも食べ過ぎます。