"ラーメン屋=孤高の存在"という図式

フードコートでお昼を食べました。

あそこはいい場所ですね。

複数人で行ってもそれぞれが好きなものを食べられ、もちろん1人での利用にも寛大。

座っていると、うどんの出汁やら酢豚やら、多種多様のおいしそうなにおいがしてくるところも好きです。

 

 

フードコートのラーメン屋

 

訪れるといつもお店選びに迷ってしまうのですが、ラーメン屋だけは博打感が強いイメージが拭えず、いまだトライできていません。

おいしそうに見えるのはやはり路面店

不思議です。

"ラーメン屋=孤高の存在"という図式が、頭のどこかにあるのかもしれません。

「ラーメン屋の店主」と聞いて思い浮かぶのは、タオルはちまきを締め、黒いTシャツを着て、腕組みをしている男性。

f:id:f1251:20161103224801p:plain

フードコートのような、誰でもウェルカムな雰囲気には似つかわしくない風貌。

そんな固定観念を持ち続けていることが、フードコートのラーメン屋にはトライできない理由なのかもしれません。